過ぎていく毎日を身体で感じる。

職場ではたまに勤務時間後にキンビア(飲み会)がある。

今日も労働組合関係の会議があったとかで、キンビアの日だった。
私はその会議には出ずに別の仕事をしていて、18時ごろ職場に戻ってキンビアに参加した。

キンビアの時にはペタングという鉄の玉を投げるスポーツ(飲み会ゲームに近い)を併せてやるのだが、今日も例に漏れずペタングが行われていた。

私は隅の方でビールを飲みながら、インターンの学生や同じく隅で飲んでいた職員と話をしながら、ペタングで盛り上がる同僚たちの様子を見ていた。

こんなふうに、何度もキンビアをしてきた。

今でこそ隅でひっそりとしているけど、赴任したばかりの頃はみんなの輪に入ろうとビールを積極的に飲み、注ぎ、ペタングに参加したりもしていた。同僚とのそんな時間は楽しかった。

そんな日常が、もう少しで終わるんだと考えていたら、急にさみしい気持ちになった。

普段はこの街で孤独とか寂しい気持ちを感じることの方が圧倒的に多いけど、みんな適度な距離感で私を受け入れてくれている。キンビアに参加しなくても特に何も言わないし、行けば喜んでお酒を注いでくれる。ここで私は確実に2年間、生きてきたんだ。

こんな日常も、ここにいる人たちにとってはこれからまた何年も続いていくうちの一回でしかない。でも私にとっては、2年間という限られたうちの、限られた瞬間なのだ。

なんだかそんなふうに感傷的になってしまい、涙が溢れてきた。

「どうした?日本が恋しいの?」と近くで飲んでいた同僚に聞かれたから、そういうことにしておいた。本当は逆なんだけどね。

たぶん思い出すのって、こういう何気ない日常の一瞬なんだろうなって思うから、そんな瞬間すら過ぎ去ってしまうのはとてもさみしい。

あと何回こうやってキンビアできるだろうか。1回、2回…しかないかもしれない。

いつもいつもその時の瞬間を味わって過ごせるほど心の余裕はないけれど、でもこうやって感じた時にこうやって書き留めておこうと思った。

8926BB87-B8E3-4136-822D-E706449563B7

 

最近隊員仲間に借りた、カンボジアで織物を復興させ、IKTTを創設した森本喜久男さんの著書『自由に生きていいんだよ』で今の自分に響く言葉があった。

旅やボランティアなどの新しい世界を見ることを「意味のあるものにするには」という問いに対して、

身体で感じること。五感でね。自分の感性で出会ったものとちゃんと向き合うこと、自分をそこで育んでいくこと。

表面の言葉だけの世界でおわるか、言葉の裏にあるもっとほんとの原理、そこまでも感じることができるかどうかだと思う。そこで「五感」を働かせることが大事なんだ。

いま見ているもの、日々直面すること。ぼーっとしていたら過ぎ去ってしまう。もっと五感で感じよう、向き合おう。私はラオスで何をして、何を考えてきたのか。何を学んだのか。

過ぎてしまう前に、身体中で感じようと思った。

 

明日からコミュニティ開発隊員にとって、1年で一番大きなイベント、ハンディクラフトフェスティバルへの出展のために2週間ほど首都に滞在する。

活動の大きなクライマックスになると思う。これまでやってきたこと、存分に出せるイベントにしたい。

そこで感じたことをまた持ち帰って、残りの任期で自分にできることを見つけてきたい。

生産者研修

IMG_8944.JPG

ボリカムサイ県の生産者向けの研修が、無事実現できた。

3郡から8人に参加してもらい、首都ビエンチャンの会場を借りて、3日間の研修を実施。
内容は縫製(ポーチ、トートバッグ)の実践と、刺繍、それからマーケティング、チームビルディング、原価計算。

ビエンチャン市内でハンディクラフトショップSAYAを営むKabiさんとスタッフ2人が講師になってくれた。

やる気がある生産者さんたちと、とてもよくいろんなことに気づく講師の3人、会場のサポートも手厚くて、終始わきあいあいとした楽しい時間だった。

そして目的であった「購入者目線」の製品の作り方を、しっかりと学び取ってくれたように思う。

朝来ると、全員が早めに来てミシンの練習をしていたり、ゲストハウスに持ち帰って刺繍の続きをやっていたり、そんなやる気もとても感動した。

 

この研修はひとつのきっかけでしかないけど、これが生産者さんの選択肢を広げる機会になってくれたらいいなと思う。

 

 

IMG_8757.JPG

IMG_8707.JPG

IMG_8898.JPG

生産者研修への道のり

雨が長らく続いていた日々から、ようやく青い空が広がる日が増えてきた。

 

そしてようやく、生産者への研修を実施するための予算の承認が仮だけども、下りた。

長かった。

私が1年8ヶ月活動してきて、生産者と関わり、製品の改善を試みることを繰り返してきたが、やっぱり足りないのはアイディアと技術だった。

そして生産者がいる村は遠く、なかなか行けないので、製品のアイディアがあっても、それを細かく修正しながら一緒に作っていくことが難しかった。

そこで一回大きな研修会を開きたいと考えていた。

私の役割はつなぐこと。そして場を作ること。

専門的な技術を持つ人と生産者さんをつなぎたかった。
その形の一つが、生産者への研修だった。

しかし研修を実施するには多くの予算がかかる。会場費、講師代、移動費、宿泊費、食費etc…

ラオスでは主催者が研修の参加者に諸費用をすべて支援するという慣習もあり、かなりの費用がかかってしまう。

そして私の配属先は基本的に予算がないので、JICAの現地業務費を使わせてもらうしかなかった。

しかしそれなりに費用がかかるとなると厳しく見られる。

目的、内容、費用対効果、今後の展望、今の生産者の現状に対しどのようにアプローチができるのか、それは正しい方法なのか。

厳しく、いろいろなことを聞かれた。

でもどうしてもやりたかった。これをやらないと私は帰れないと思った。

配属先、JICA、生産者、講師、会場と、多くの関係者に調整をお願いした。

途中で計画もいろいろと変わり、日程も場所もなかなか確定できず、あらゆる想定をしながら進めてきた。

その過程は決して楽ではなかった。(まだ、終わってないけど)

でも、ようやく一歩前進だ。

あとは実施に向けて進めていくのみ。

一番嬉しかったのは、この研修準備を進めてくる中で、配属先を少しずつ巻き込めたことだ。

いつも活動は自分主体になってしまっていた。もうそれでいいやとも思っていた。でも少しずつ配属先の人を頼るようにしたら、協力してくれるようになった。自分から提案してくれるようになった。これが一番嬉しい効果だったかもしれない。

研修終了時に修了書を出したらとJICAにアドバイスをもらったのだが、作ったことはもちろんなく、課長に相談したら、別の同僚に依頼してすぐにドラフトを作ってくれた。

会場との連絡や、生産者さんへの連絡も副課長が積極的にやってくれた。

研修の直接的な成果だけでなく、こうやって過程の中で予想外の変化があることは、また別の、活動上の大きな成果にも感じる。

 

まだ準備するべきことはたくさんあるけど、がんばるぞー!

 

夕方、普段行かない方の大きな市場に行ったら、すごく賑わってた。果物が落ちていく太陽に照らされててなんだか綺麗だった。

 

そういえば今日は家の中に大きなムカデが現れてびっくりしたなあ…。

それから昼間に食べきれなかったカオパッド(チャーハン)を持ち帰ってごま油で炒め直したら日本っぽい美味しい味になったのは、大きな発見。

9.10 ミシンさがし

 

雨季であるこの時期でも、今朝はもっぱら空が暗かった。灰色の雲が空をおおっていた。

さて、生産者研修を任地でやることになり、任地で新たに場所をさがしている。
今朝は仕事へ行く前に、青年同盟へと向かった。

青年同盟は、党の大衆組織の一つで、役割の一つとして若者向けにさまざまな職業訓練を実施している。県によるが英語、PC、縫製、美容コースなどがある。ビエンチャンやルアンパバーンの青年同盟にはJOCVも派遣されている。

今日は任地のボリカムサイ県青年同盟の事務所に行ってみた。

以前聞いたところ、15年ほど前まで(ずいぶん前だけど…)縫製コースがあったらしく、ミシンはあるとのことだった。

まずミシンがある部屋に行くまでに、草刈りがされていない道を歩き、挙げ句の果てその部屋の鍵がないとのことで、金槌で鍵を壊すこととなった。そこまでしてもらってなんだか申し訳ない気持ちになった。

DFA9EE9A-F629-4010-A5C0-A82AC63160A9

 

そして見せてもらったのだが、10台ほどあるミシンはホコリをかぶり、長い間眠っていた様子だった。ここで実施するには下準備が必要そうだなと思った。

80F1C073-C4B3-496E-B9FE-24E7B7296E65

 

ミシン部屋を見せてもらったあとは、青年同盟の職員カムカイさん(30代男性)とオフィスで少し話をした。

青年同盟にはドイツ人ボランティアがいるので、彼女たちを通して彼とも顔見知りではあったが、ゆっくり話すのは先日ドイツ人の子を交えた食事会以来2回目だ。

彼が教えるPC教室も見せてくれた。PCは決して最新のものではないけれど、きちんと整備されているのがわかった。

384DCB06-9901-46C6-B37A-0D9977F64045

彼が英語コースもPCコースも担当しているらしく、PCを教えてくれるJICAボランティアがほしく、要請書を出したそうだ。

そうやって協力隊の要請がつくられていくわけだが、すべての要請が募集されるわけではない。少なくともボリカムサイの青年同盟の募集は見たことがない。

けれどそんな話を聞いて、協力隊が派遣されてほしいなと思った。今度、JICAに話してみよう。

493E8E18-402B-4DC6-8362-068CA0358B3D

 

 

 

ひさしぶりに身体を動かしたくて、今日はヨガに行こうと思ったけど、雨が降ってきちゃったので行けなそう。なのでこうして家でゆっくりしながら文章を書いている。

隣に住んでいる大家さんはたまに(月に1-2回くらい)ご飯を持ってきてくれるのだけど、今日久しぶりにくれた。フー、味つけがしっかりしていてでも辛くなくてやさしい味で美味しかった。

0E4FE9D1-F368-4722-8D7A-5BBB1AA13DE5

 

 

 

最近は8th May Recordsの音楽を聴いている。向田麻衣さんが表現する世界が好き。
柔らかいピアノの音と、心から湧き出ているような、ありのままの声と言葉がとても心地よい。

色んなことに翻弄されかけて、心に蓋をしてしまっていたけど、私も少しずつまた自分を解放してゆこうと決めた。
そんな感情を言葉と写真にして表現しながら、自分の心と向き合っていきたい。

今外は、強い雨が降っている。雨の音をききながら、一人で部屋の中で過ごすのも、けっこう好きになった。

 

 

Na Village

ビエンチャンへ行く途中にある、竹細工をして暮らす人びとの村の風景。
優しくてあたたかい空気が流れる村。

 

IMG_8171.JPG

IMG_8175.JPG

 

IMG_8183.JPG
生産グループのリーダーであるポー(お父さんという意味の呼び名)が、編み方を教えてくれました。

 

IMG_8191.JPGちょっとトライしたけど難しい。でも楽しい。

IMG_8193.JPG
ホームステイをしたら、たくさんの美味しいご飯を出してくれました。
トムカイ(煮た鶏)は絶品!

 

IMG_8219.JPG

 

IMG_8224.JPGポーはなんでも知ってる♪

配属先を巻き込むこと。

最後に書いた5月の記事を見たら、自分がすごく悩んでたことがわかった。

今も悩みが消えたわけではないけど、ある種の諦めと、残りの時間でできることを現実的に考え、自分の役割を少しずつ見出している。

配属先を巻き込むということは相変わらず難しいけど、日々雑談しながら、悩みとか進捗をカウンターパートに話すようにしたら、少しずつ状況が変わってきた。

今は、生産者に対し、技術研修をすることをめざしているのだけど、予算のことなどたくさん課題があった。他の県の隊員2名と合同で実施しようという計画を立てており、まずは首都で場所さがしをしなければいけなくなったので、先週はカウンターパートと2人でビエンチャン出張に行ってきた。

カウンターパートと公共交通機関に乗ってビエンチャンへ行くのは実は初めて。そして一緒に歩いて汗を流しながら、訪問先一件ずつ私たちがやりたいことの趣旨を説明して、交渉をして…そういう泥くさいことを一緒にやれるということで、カウンターパートに当事者意識を持ってもらえる第一歩になる気がした。物理的に一緒に歩いてまわる、さがす(トゥクトゥクにも乗ったけど)、それはすごく意味がある気がした。結果的に、候補となりそうな会場がいくつも見つかった。

しかし今日になり、一緒に研修をやろうと話していた2人と改めて話したところ、その2人の県はビエンチャンから遠く、生産者の負担になるのと、配属先を巻き込みづらいということで、一旦、研修は別々に行おうということになった。

たぶん仲間に頼りきっていた私は少し動揺したけど、任期が少ない今、できるだけ早く研修をやりたい自分が、まず自分の県の生産者対象に研修を行うことにした。

そうなると、首都でやる必要はなくなる可能性が高いので、任地で改めて会場探しをすることになった。

そのことをカウンターパートに相談すると、開口一番「日当はどうなるの?」と自分がもらえるお金の話をしだすので、正直いらだった。でも同時に、会場となりそうな職業訓練校を挙げてくれて、連絡を取ってくれることになった。

「一緒にやる」っていう感覚を持ってもらいたい。
これまでは私が主体的にやってきてしまったけど。今回もおおかたそうなるけども、なるべくカウンターパートを「頼る」ことにした。
実際ラオ人じゃないと難しい交渉もあるので、それはもう、まかせてしまうのだ。

この過程で、配属先にも主体性を持ってもらえたらいいなと思っている。

そしてずっと課題だと思っていた製品開発につながるような、生産者さんが新しい一歩を踏み出すようなきっかけをこの研修を通して作っていきたい。

132AFB75-C775-4BB0-979E-A4E30F564D4C.jpeg

久しぶりに職場のみんなでキンソムをした♪

 

今日帰り道、バイクで走っていたら、
「チャンピー!」
って呼ぶ声がした。

CCC(子ども文化センター)の女の子2人だった。
2人とは顔なじみで、CCCに遊びに行くたび、なついてきてくれる。
確かもう中学2年生くらいなんだけど、まだあどけない。

「次いつCCC来てくれる?毎週土曜日来たらいいよ!!」
「ラオスってほんと砂埃すごいよね〜」
「え!?あと任期4ヶ月なの?さみしいな」
「帰りもバイク気をつけて運転してね」

そんな声をかけてくれて、優しい言葉に救われた。
疲れが吹っ飛ぶ。

任地の人との些細なやりとりが、すごく心の支えだなあって思う。

久しぶりにブログを書いたので、ラオスにいるのはあと何日かなって見てみたら、128日だった。
時間はないけど、まだ時間はある。

最近もたくさんのしがらみやモヤモヤに悩まされることは多いけど、でも駆け抜けたい。
ようやくそんな気力が湧いてきたから。

 

置かれた場所で。

知らず知らずのうちに抱えていたコンプレックス、焦り。

ラオスに来て1年4ヶ月近くが経つ。

当初思い描いていたようなことは、全然できていない。

 

焦り、不安。周りと比べて生まれるコンプレックス。

ラオ人、日本人ともに人間関係の難しさ。

何をしようとしてもやる気が起きない状態。

 

楽しいことだってある。

コミュ開のみんなとイベントをやること、生産者さんと話せること。ラオスの文化を知れること。隊員仲間とお酒を飲んでたわいもない話をすること。

全部楽しい。

 

で、あなたの成果は?

そんなふうに聞かれたら、何も答えられない。

私が「創り出した」ものなんて、あるのだろうか。

きっと何もないわけじゃない。これまで何もしてこなかったわけではない。

でもそれは思い描いていたものの、1%くらいしか達していない。

 

行動したらいいだけ。努力したらいいだけ。

でもその気力が湧かない。

身体が重くて、動けない。

どうしてここまで落ちてしまったのかなとただ思う。

 

そんな私に対して、慰めの言葉をくれる人もいる。

でもその慰めことが、結果を出していないことの表れなんだなって思うと余計に悔しくて焦る。

どこまでひねくれものでいればいいんだろう。

たくさんのジレンマと不安。

 

任期はあと8ヶ月。

何か、できるのかなあ。

何もできないで帰国するのが怖い。

このままなんとなく過ごして終わることもできるだろうけど。

 

たぶんこんな考えしかできない自分は、一生孤独なんだろうと思う。

 

最近noteで文章を書き始めた。

noteではエッセイみたいなのを書いている。

今まであった出来事のなかから、思いついた瞬間を取り出してきて、言葉にする。

その作業は楽しくて心を落ち着かせてくれる。

自分にも何か残っているんだって、そんな気持ちにさせてくれる。

 

また前向きになりたい。

ラオスにいる時間を無駄にしたくない。

なんとか前を向ける方法を見つけよう。

 

この環境は変えられないから、いま置かれている環境で精いっぱい咲けるように、まだがんばろう。

 

IMG_0790.JPG