Monthly Archives: November 2017

TELL YOUR STORY

自分を出すのは苦手だったけど、ここに来てから、少しずつ外に自分を出せるようになった。明るい、ポジティブな空気に包まれているから。

そして、私はどうしても聞いてもらいたい、みんなにも考えてもらいたいなと思った事があって、同期が企画した自主講座にて、今日話すことにした。

私の他にも話す人がいて、全く違う想いがあって、すごく感動した。心の底から出てくる言葉には、こんなに力があるんだなって。

 

私は自分の話を少しと、これまで撮ってきた写真を使いながら、美しい瞬間について話した。きっととても抽象的、でもだからこそ全員にあてはまると思って、みんなにも美しい瞬間を作りに、これから海外に行ってほしいなって思った。

私にとっての美しい瞬間、美味しいものを食べること、仲間と何かを成し遂げる瞬間、旅に出て素敵な景色に出会うこと、そして、大切な人といること。

そんな美しい瞬間を、たくさんの人に気づいて感じてもらいたかった。私がこれから行く場所でも突き詰めれば、そんな瞬間を一つでも多く作りたい、それがすべてなのかなと思う。

 

たくさんの人が聴きにきてくれた。みんな、終わったあと色んな言葉をくれた。自分の言いたい事が伝わったと分かった時、すごく嬉しかった。思いがけない言葉がたくさんあった。写真のことも感想をもらった。

きっと普段は照れ臭くて言えなくて、こんな時しか話せなかったこと、今しかきっと話せなかったことを伝える事ができて、心が揺さぶられるような経験ができて本当によかった。きっとこれも、同じ方向を向く仲間同士だから、この特別な場所だから、実現できたこと。

みんなもこれから美しい瞬間をたくさん作る事ができますように!

 

素敵な場を作ってくれた同期のあっちゃん、ありがとう。

石けんづくり

コミュニティ開発の同期が企画してくれた石けんづくり。

 

2日経ったらだいぶ固まって、色も明るく変わっていました。

Continue reading

ちょっとしたわくわく

野外訓練も終わって、ほっと一息と思いきや、訓練も終盤に入って、レポートがあったり、今週末には日本に住むラオスの方が来てラオ語でプレゼンするのでその準備だったり、止まることなくまた新しいことが出てくる。

そんななか、ちょっとしたわくわくなこともあって。

Continue reading

Outdoor Training

ここに入った直後から、いろいろアイディアを出し合って、考えて、準備をしてきて、ようやく迎えた当日。

開会式から、緊張と、ワクワクで変な感じのテンション!

朝は雪が降っていたけど、気づいたら晴れていて、風もなくて過ごしやすくて、良すぎるコンディション。班もいつもの生活班とは違う全く班にして、新しいメンバーと始まる1日。

テントを立てて、火おこし組には火おこし頑張ってもらって、あえて水場も遠くしたので力持ち組に水を汲んできてもらって、生活のベースづくり。

食材を各班に偏って配布して交易をしてもらって、あえて調味料が少ないなか工夫して作ってもらったご飯。今回はしょうゆ、砂糖、みりんなどの代わりにどこの国でも手に入るコーラを調味料に入れたんだよ!私が所属した班には、職種が料理の方がいたから、びっくりするほど美味しいごはんになってた〜!鍋でかまどの火で炊くご飯も柔らかくて美味しくて♪お昼の肉じゃがも、コーラと塩だけですごくいい味になってた。スープも煮干しと昆布でだしからとってもらって、すごく旨味が出てておいしかったー!

午後は、水の濾過、測量・ロープワーク、ハンドクラフト(わらび餅とキャンドル作り)の3つの講座を用意して、みんなに回ってもらったよ。私はハンドクラフトの担当で、みんなのキャンドル作りのサポート。すごく簡単な方法で、カラフルな100個以上ものキャンドルができてきれいだったー!

バタバタしてるうちに、夕飯の美味しいカレーもできてて、これまたカレー粉と塩とコーラだけですごく美味しかった。おかわりいっぱいしちゃった!夜はだいぶ寒かったから、かまどの周りであったまるのが小さな幸せ。

そして私がメインの担当だった夜のおたのしみタイム!!各班のかまどを集合させて、その周りに100人ほどみんなで輪になってキャンプファイヤー。交流できるようなレクをやったあとは、土壇場で肩を組んでみんなでkiroroのbest friendを歌って。そして昼間にみんなで作ったキャンドルを渡して、火をつけていって、いろんな色のキャンドルが灯ってすごく素敵な空間になったよ。そしてしばし心静かな時間を過ごしてもらって、最後はみんなで火を消して…。

ついさっきまで満天の星空だったのに、あれ、一瞬のうちに曇ってる!せっかく綺麗な星空が見えると思ったのに見えなくて、悲しすぎると思っていたら、急に扉が開くみたいに自分たちの真上の雲がぱーって開けて、そこから星空をのぞくことができたんだよ。晴れ男のおかげだね♪その星空を観ながら、遠くにいる大切な人を想っていました…なんて♡

みんなの就寝時間のあと、野外訓練委員で見回りして、騒がしいテントに声をかけて、修学旅行の先生気分。1日の疲れをお互い労って、自分の班のテントに。冬用の寝袋だったけど、すごく寒くて特に手が冷たくって、なかなか眠れなかった。硬い床にくるまって寝て、同じテントに他の人たちもいて、なんか不思議な空間。風も強くなってきてテントを揺らす音がバタバタ。でもたくさん動いたから気づいたから寝てた。

翌朝は、びっくりするほどみんながテントなどの片付けを早くやってくれて、余裕をもってNTCでの野外訓練前半がおわり。なんだかあっというまで、でも大きな問題とかもなくて終われたのがすごくほっとしたー!

休む間もなく、二本松へのフィールドワーク出発でーす!

雪化粧

ひと段落の日曜日。

せっかくあつあつのコーヒーを買ったのにそのまま寝ちゃってぬるくなってた…(;_;)

雪がしんしんと降ってて、NTCも静かで、なんとなく暗い雰囲気。積もるのかなー。

まだ体もちょっと重くて、気分は上がらない日曜日だけど、また明日から日常に戻れるように、頑張らないとだ。

 

IMG_8410IMG_8411

少しの雪

バタバタしている時ほど、ピースの香りでリラックス。あ〜癒される。

昨日は職種別の講義があり、東京研修の時の先生が来てくださって、コミュニティ開発の研修を2時間ほど。ここにいると、看護師さんとか、理学療法士とか、学校の先生とか、スポーツ本格的にやってきている人とか、本当にいろんな人がいて面白い。人によって、職種によって活動も全然違うから、協力隊に対する考え方も違う。専門的な職種は基本的に配属先に対して、技術を教えていくという形態が多いけど、コミュニティ開発はどちらかというと配属先は拠点というだけであって、対象がその街の人、県の人全体だったりする(だからバイク隊員が多い)。地域をトータルに見て、よりよい暮らしを作る。そんな抽象的な感じなので、良く言えば、なんでもできるし、悪く言えば、何していいかわからなくなったり、成果が見えにくい。特定の技術が必要というよりは、人間性で勝負という感じ。。でもだからこそすっごく面白い職種だなーって思う。私は、県の産業商業局に配属になって、県の特産品を使って収入向上や地域活性に結びつけるというもの。活動に行き詰まった時も、とにかく地域に目を向けて、現地の人と話すのみ。当たり前かもしれないけど忘れてしまいそうなことをアドバイスでたくさんもらって、やる気が出た!!夜もコミュニティ開発メンバー20人全員と先生で飲んで、楽しいひととき!!

 

そして、明日から野外訓練!!なんかもう何がまだ終わってないのかわからないくらい目まぐるしかったけど、ようやくなんとか、中身も、物品とかも準備が完了。あとは楽しんでやるだけー!!特に、私が担当の、夜のおたのしみタイムでやるキャンプファイヤーとかキャンドルナイトのところに力をいれたのでとっても楽しみ〜!みんなが楽しんで充実した2日になってくれますように。。。

 

今日はここに来て初めて雪が降った。晴れた空から降る綺麗な雪、今日は一瞬で止んでしまったけど、また観たいなって思ってた♪

 

 

IMG_8197

みんなを野外訓練モードにして士気を高めるために、委員仲間が作ってくれたよ〜!

 

IMG_8199

もう雪は止んじゃったけど、きれいな空と緑!

IMG_8219

最後は体育館で最終打ち合わせと資材や食材の確認!さて明日は頑張ろう!

Ahora aqui.

土日は福島旅行してきました。訓練所での日常に戻ります。今日は41日目。残り29日。

今日からまた語学に、講義に、そして今週の金曜日の野外訓練も大詰め。

 

今のここでの生活も、終わりがあるからこそ、ここにいる間に、ちょっとでもたくさんのことを吸収しておきたいと思う。 Continue reading