師走のまんなかに

最近ラオスも朝晩めっきり寒い。

もちろん日本のそれと比べたら、どうってことないんだけど。

朝は寒くて布団から出れないくらいには寒い。

 

もはや、なんにもしてないけどさ。

心穏やかに過ごせてたら、いいじゃないか。

山口絵理子さんの世界の肌ざわり:「挑戦すること」に疲れたら、“美しい休憩”をとりましょうを読んで、ああ今の自分の必要なものはこれだなって思った。

心の奥を揺さぶるような、心の琴線に触れるようなものがみたい。

誰かが心の底から表現したいと思ったその何かをおもいきり、感じたい。

 

Canonの単焦点レンズを落としてしまってからなんだか写真を撮るのも億劫になった。修理には出せてない。

言い訳してるだけなんだけど。

 

でも日本への一時帰国を決めてからは、少し気持ちが楽になった。

一度は帰らないと決めたのだけど…。やっぱり一度リセットしたかったし、ラオスを客観的に見たいと思った。そうでもしないと、これ以上前に進めないような気がしたから。

ごはんとか、友達や家族に会えること、どれもが楽しみだけど、ただ日本という場所に行きたかった。

そう考えた時、今のこの日々も当たり前じゃないような気がして、途端に愛おしくなった。

IMG_1042.JPG

お昼ご飯を食べたあと。昼は暑くなる。

もう2018年が終わるのかあ。

いろんな気持ちになりすぎて、なんだか不思議な年だったな。

「師走」という言葉がこんなにも似合わない12月は初めてかもしれない。

 

いろんなものにもっと触れたい。もっと考えたい。すこしずつまた、自分から動けるようになりたいな。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s