穏やかな時間

帰国まであと48日。

物事が穏やかに進み、前向きになった気がする。
それは自分自身がそうなったから、そう感じるのかな。

何かの焦り、不安、孤独がつきまとっていた日々が続いていたけど、
周りのラオスの人びととの関係、自身の活動、隊員仲間との関係、それらが今はとても、穏やかだ。

職場まで通う道で見かける商店や市場の風景、乾季のきれいな広くて青い空、大家さんと托鉢へ行く穏やかな時間、そこで聞く美しい音色のような読経、職場の人たちとのなにげない会話、生産者さんとのテレビ電話。

すべてが愛おしくて、大好きな瞬間になった。

2年はとても長い。刺激はなくなり、すべてが「当たり前」になる。
この日常は永遠に続くような気がする。

でも、そんなことはなかった。
あと48回眠りにつくと、終わってしまうのだ。

ハンディクラフトフェスティバルが終わり、少し失速していたけど、あと1ヶ月半、最後の活動をがんばろう。

カムクード郡でのODOP認証式、一番一緒に頑張ってきた生産者さんうあいチャップへの販路開拓フォロー、製品開発フォロー、ターパバート郡とパッカディン郡での製品開発フォロー、子ども文化センターでの染色体験のイベント。それから隊員誌づくり。

帰国がいよいよ現実になってきて、帰国後のことを少しずつ本気で考え始めた。
選択肢は無限大。

まずはアルバイトかなあと思って探すけど、それすらも、決められない。

でも今はまず、目の前にあることを楽しみ尽くそう。

ラオスの人びととの時間を、最後までたくさん味わおう。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s