Category Archives: 2_日本での日常

“既にそこにあるもの”に気づく

おととい、タイ経由で日本からラオスに帰ってきた。

そして1年前の今日は、ラオスへ赴任する日。

荷物の準備をしながら、いざ出発となると、わくわくより不安が少し大きかったなあというのを思い出す。

今日からはどの日もどの季節もぜんぶ、「2度め」。もうラオスでの1月16日は、やってこないのだ。

 

約1年ぶりの日本は、思ったほど新鮮さや懐かしさというものはなくて、それはやっぱり20年以上も住み続けてきた場所だから、たった1年くらい離れていたくらいじゃ新鮮な気持ちにならないのかななんて思って。

でも、とにかく日本は選択肢が多い。情報も多い。

その中で、すごく渇望していた、「アートにふれること」ができた。

ラオスも、美しいものはたくさんある。ラオスにしかない自然、風景、手仕事たち。

でも人間、おなじものばかりを見ていると、どうしても感性が薄れてしまう。悲しいことに、その美しさが時には認識できなくなってしまう。

どんどん自分の感度が鈍っていくのがわかった。

インプットもアウトプットもできない、そんな状況。

だから、まったくちがう、美しいものが見たかった。そのひとつがアートだった。

先の記事で紹介した山口絵理子さんの言葉を借りるなら「作家や画家が力をこめて創ったものを見ていると、その力を分けてもらえるように感じる」。

そこに描かれているもの、創りだされているもの、それはどんな場所で、周りにどんな人がいて、それはどんな時代で、その日はどんな天気で、そしてどんな人がつくったのか、そういうことをひとつひとつの作品を見ながら考えているだけで、その場所から違う世界へ行ったような気持ちになる。作品の数だけいろんな世界に行ける気がして。それこそが、アートの力を分けてもらっているということだと感じる。

アートに触れると、”既にそこにあるもの”も美しいものなんだと気づく。

これは、大竹伸朗さんの著書の名前でもある。感性を鋭くしていれば、いつも周りにあるものがおもしろく、うつくしく見えたりするのだ。私がラオス生活で足りなかったのは、そういう感性だった。

 

日本は常に新しいものがある。別に美術館でなくても、商業施設でも、街を歩いているだけでも、常に新しいもの、アーティスティックなものに触れられる。

都会にいておもしろいのはそういうところ。

受動的になっていても、新しい情報が入ってくる。

私はそんな環境が好きだったので、ラオスにいて物足りないのはそういうところだった。たった短い期間でもその隙間を埋めることができたから、そしてラオスに来る前の自分の気持ちを少し思い出せたから。

 

今日から2年めのラオス生活、毎日を愛おしく、美しい瞬間を見逃さないようにちゃんと鋭い感性を持って、過ごしていけることを願って。

 

img_1921

img_1993img_1928img_1865img_1739img_1740

 

Advertisements

バックパック

そわそわする。

協力隊の同期たちが次々と旅立ってる。

もう任地の写真を送ってくれてたりもして。

まだ私は日本にいる。友達にも家族にも会える。

もうすぐ私の番だって実感がない。

カウントダウンはしないよ。さみしくなるから。

 

買うかギリギリまで悩んだバックパックが今日届いた。今まで使ってたのはボロボロになってきちゃったから、協力隊から帰国後使う機会があるかわからないけど、思い切って新調。

そろそろ準備しないとね。

不安な気持ちもワクワクな気持ちも全部詰め込むんだー!

 

71/70

建物も、大量のスーツケースも、自分たちも黒いスーツが真っ白になるくらい、雪が降ってる中、NTCを後にした。修了式、そして壮行会ではこれまでのお互いの頑張りをたたえ、思い出を振り返りながら笑顔の絶えない、そしてたくさん涙が溢れた会になった。もう会えない人もいるかもしれないし、会えたとしても2年以上先のこと。でも、同じ時期にどこかで頑張っている仲間がこんなにいるんだって、思ったらすごく心強いよね。

Continue reading

誇りを

退職してから2週目を迎えた。

数日後には実家に戻るので引越しの準備も進めつつ、JOCVの各課題も少しずつ進めている。会社に行っていた頃と同じくらいの時間に起き、でも慌てて準備する必要もなく、ゆっくり朝ごはんを食べて、洗濯をしたり掃除をしたり。心にゆとりはあるけれど、なんだか寂しい。

今まで通り会社に行っている皆が仕事を頑張っている間、私もだらだらできないな、となるべく私も有意義に時間を使うように心がけている。(といいつつ昼寝とかしてしまう時もあるけど…)

やっぱり少し、社会から隔離されたような気持ちになる時がある。きっと研修が始まればそんなことはないんだろうけど。

本当にこの選択で良かったのかな。いまだに不安な気持ちも拭いきれない。

でもね、この選択をしたことに誇りを持つことに決めたんだ。自分がこれからすることは、自分がすごくしたかったことであり、今まで通り働いていたら変えられなかった何かを変えられる、かもしれない。だからもう後ろは向かない。もう泣かない。

みんなに信頼されるような、周りを笑顔にできるような人になりたいな。

叫び声

ここに書いていることは心の叫びでもある。

自分の進路の事、将来への悩みを誰にも打ち明けられなかった時、行き場のない気持ちがあって、それこそ卵の殻が割れるように迷いや苦しい気持ちが溢れた。

最初は選考のことや自分の活動を、今後受験する人に情報提供できたらなと思って書いていたけど、そのうち、誰が見てくれているかも分からないのに、自分の心の底の方にある悶々とした気持ちや迷いを吐き出す場になっていた。

でもそれで気持ちが整理されてすっきりすることもあった。

だけど今後は、距離が離れる大切な人たちに、私の考えていることや日常を知る場にもなってほしい。

無難に起きた出来事を上っ面で記録していくこともできるかもしれないし、その方がたくさんの人に見てねって言いやすい。

でもそれはSNSでやればいいし、ここは、できるだけ私が感じた事を素直に書いていければいいなと思う。そういう場所が一つくらいないと、やっていけない時もある。

 

いつも伝えたい想いは、伝えたい時に伝えられなくて、すれ違って後悔する。

そんな繰り返しで、心の叫び、本当の想いを言葉にすることの難しさを感じる。

心が叫びたがってるんだ。

最近2回観た映画。

みんな置かれている状況や環境は違っていても、何か叫びたい思いを抱えている。

でもそれを素直に言うことができて、相手がそれを受け入れてくれた時は、つながりを再認識できて、もっと相手を大切に思う気持ちが強くなる。

気づいたら手遅れにならないように、真っ直ぐな想いを自分の言葉で、伝えられたらいいな。

 

足音

 

私が憧れてきた女性は、芯が強くて真っ直ぐでぶれなくて、凛としていて、でもどこか女性らしい柔らかさとか、繊細さを持ち合わせているような人。

そういう人は、周りを気にせず、自分の信念に向かって行動しているように見える。

それって実は生半可な事でなく、彼女たちがスーパーマンだからできている訳でもなく、少なからず傷を負ったりしながら、全てを強さに、力に変えてきているんだと思う。

私も目標があって、叶えたい夢ができたからこの道を選んだ。次に進む道も、あくまでその通過点だと思っている。

それでもここに来るまでに、色んな事に翻弄されて、たくさんブレて、やっと掴んだチャンスすらも離しそうになって、それでもそういう女性の存在を思い出してやっと持ち直した。

自分にとっての尊敬できる存在は、その人の事を考えるだけで強くなれる、そんな人。

きっとこの先も何回も転んで傷を負って、その都度軌道修正して、でもその先にある目標に進んでいくんだと思う。

目指す方向さえ間違ってなければ、どんなルートでも、遠回りでもいい。

明日からも、そうやって少しずつ前に歩いていきたいと思う。