Category Archives: 6_ラオスのこと

“既にそこにあるもの”に気づく

おととい、タイ経由で日本からラオスに帰ってきた。

そして1年前の今日は、ラオスへ赴任する日。

荷物の準備をしながら、いざ出発となると、わくわくより不安が少し大きかったなあというのを思い出す。

今日からはどの日もどの季節もぜんぶ、「2度め」。もうラオスでの1月16日は、やってこないのだ。

 

約1年ぶりの日本は、思ったほど新鮮さや懐かしさというものはなくて、それはやっぱり20年以上も住み続けてきた場所だから、たった1年くらい離れていたくらいじゃ新鮮な気持ちにならないのかななんて思って。

でも、とにかく日本は選択肢が多い。情報も多い。

その中で、すごく渇望していた、「アートにふれること」ができた。

ラオスも、美しいものはたくさんある。ラオスにしかない自然、風景、手仕事たち。

でも人間、おなじものばかりを見ていると、どうしても感性が薄れてしまう。悲しいことに、その美しさが時には認識できなくなってしまう。

どんどん自分の感度が鈍っていくのがわかった。

インプットもアウトプットもできない、そんな状況。

だから、まったくちがう、美しいものが見たかった。そのひとつがアートだった。

先の記事で紹介した山口絵理子さんの言葉を借りるなら「作家や画家が力をこめて創ったものを見ていると、その力を分けてもらえるように感じる」。

そこに描かれているもの、創りだされているもの、それはどんな場所で、周りにどんな人がいて、それはどんな時代で、その日はどんな天気で、そしてどんな人がつくったのか、そういうことをひとつひとつの作品を見ながら考えているだけで、その場所から違う世界へ行ったような気持ちになる。作品の数だけいろんな世界に行ける気がして。それこそが、アートの力を分けてもらっているということだと感じる。

アートに触れると、”既にそこにあるもの”も美しいものなんだと気づく。

これは、大竹伸朗さんの著書の名前でもある。感性を鋭くしていれば、いつも周りにあるものがおもしろく、うつくしく見えたりするのだ。私がラオス生活で足りなかったのは、そういう感性だった。

 

日本は常に新しいものがある。別に美術館でなくても、商業施設でも、街を歩いているだけでも、常に新しいもの、アーティスティックなものに触れられる。

都会にいておもしろいのはそういうところ。

受動的になっていても、新しい情報が入ってくる。

私はそんな環境が好きだったので、ラオスにいて物足りないのはそういうところだった。たった短い期間でもその隙間を埋めることができたから、そしてラオスに来る前の自分の気持ちを少し思い出せたから。

 

今日から2年めのラオス生活、毎日を愛おしく、美しい瞬間を見逃さないようにちゃんと鋭い感性を持って、過ごしていけることを願って。

 

img_1921

img_1993img_1928img_1865img_1739img_1740

 

“美しい瞬間”を生きる。

本日12月13日。

ちょうど1年前の今日は、二本松訓練所を退所し、同期のみんなと別れる日でした。

あの日から会ってない同期もたくさんいる。

でも70日間を一緒に過ごしたみんなが今も世界のどこかで頑張っているんだなっていうことが、常に日々の支えになっています。

そんな同期の一人が、協力隊Advent Calendarという素敵な企画をしてくれました。なんだかみんなとつながれる気がして、うれしいねー!

今日は13日目、私の番ということで、書かせていただきます。

とりとめもない文章になりますが、訓練所での、ケニア同期による自主講座「Tell your story」でもお話させていただいた、「美しい瞬間」について書きたいと思います。

 

今日のタイトルにもした、向田麻衣さんの『”美しい瞬間”を生きる』という本を読み、私はこの道を選ぶことを決めました。

とても抽象的かもしれないけど、私も”美しい瞬間”を作りたい。そう思ったから。

その経験は、ほんの一瞬の出来事だったとしても、その人の人生にその後もきっと長く寄り添って、暗闇に落ちそうだったときに支えてくれる。

おいしいものを食べること。仲間と何かを成し遂げる瞬間。新しい景色に出会うこと。大切な人といること。

どれもかけがえのない、美しい瞬間。

数字的に、とか、論理的な成果、も大事かもしれないけど、一人一人の心に残り続ける、その人の人生に寄り添えるような瞬間を作れたらどんなに素敵なことかと思った。

協力隊は、そんな瞬間を作ることができるチャンスを持っていると思う。自分にとってのものだけでなく、現地の人にとっての美しい瞬間も。

私がこの1年ラオスで見つけた、美しい瞬間について書きたいと思います。

 

ことば。ラオス語は不思議な言葉で、構造も発音も、私がこれまで使ってきた日本語や英語とまったく異なる。その響きは柔らかくて、ただでさえ気性を荒くしないラオスの人たちだから、ラオス語を使っている時は、私も気持ちが少し、柔らかくなる気がする。「ぱにゃにゃん(頑張る)」「めんにゃん(何)」に代表するように、とにかく可愛らしい。その単語も面白くて、例えば「雷」は「空が歌う」というふうに表現する。ある雨季の日、雷が鳴り響いていて怖かったのだけど、「空が歌っているんだ」って思ったらなんだか少し安堵したことがある。そんなラオスの人たちの考えや歴史が詰まったラオス語を話せること、そしてそのことばを話すことでラオスの人たちに少しでも近づけていることは、私にとって大事な美しい瞬間の一つになっている。

自然。ラオス語で自然を意味する「タマサート」という言葉も、ラオスの人たちの心、生き方を表している気がする。ラオスの人たちは自然の中で生きている。自然の恵みを大切にし、自然が荒れている時はそれを受け入れる。果物、葉っぱ、虫、たくさんの自然を口にする。美しい山々やメコン川と寄り添って暮らしている。洪水で街が沈みかけていた時には、釣りを始めたり、ボートを漕いでのんびりしていたり、自然に決して抗わず、その状況を前向きにとらえていた。私もラオスに来て、数え切れないほどの美しい自然を目にした。雄大な山、日々表情が変わるメコン川、ラクサオの美しい岩山、それらの中で暮らすラオスの人々の姿。それらはきっとこれからも忘れない、美しい風景だったと思う。

IMG_0801.jpg

任地ボリカムサイから見るメコン川

仏教。ラオスの暮らしには仏教が根づいている。仏教が良い循環を作り出している。だからみんなお寺へ行き、静かに過ごす時間、托鉢をすること、それらをとても大事にしている。ラオスは助け合いの社会だ。一人の人を作ろうとしない。私もご飯をもらったり、送り迎えをしてもらったり、他にも困った時、何度助けられたかな。仏教の精神に日々触れられること、そのおかげで穏やかに過ごせること、そんな心を、もっとたくさん知りたいなと思う。

IMG_8696.jpg

手しごと。ラオスの手しごと、とりわけ織物は、目を見張るほど美しい。そこにはそれぞれの民族や地域の人々の歴史や文化がたくさん、たくさん詰まっている。ラオスの人にとっては、それらは生きる手段。私はそれをよりよい方法で残していけるお手伝いをしている。この前生産者さんが、シータマサート(天然染色)を自ら始めてくれた。その糸の優しい、美しい色が忘れられない。これでどんな布を織りだしてくれるのだろう。生産者さんと一緒に、美しい瞬間を作っていきたい。それは形に残る布という物だけではなく、その過程で感じる喜びや感動までも。

IMG_5820.JPG

自然の色は、なんて優しくてあたたかい

人びと。ラオスの人たちは、本当に優しい。先ほども書いた助け合いの精神が強いからというのもあるかもしれないけど、目が合うとニコッと笑ってくれる人ばかりなのはなんでだろう。イライラばかりしてしまう時もあるけど、そんな笑顔に出会うたびに、私はこの国にいられてよかったって思う。この人たちと、美しい瞬間をたくさん作りたいなって思う。

IMG_0444

ラクサオの村の小学校にて

 

実際はもちろん、綺麗事ばかりじゃない。

 

うまくいかないことのほうが多いし、さみしい気持ちにたくさんなる。

でも私がラオスで見つけた美しい瞬間は、私のかけがえのない宝物。

そんな宝物を大事にしていきたいし、残りの時間で、ラオスの人にもそれらを残していきたい。

いろんな感情がめぐりにめぐって、いまようやく協力隊としてここにいられることを心から肯定できるようになった。

成果とか、達成するべきことはたくさんあるけれど、その根本には「美しい瞬間をつくりたい」という気持ちがあること。それを忘れずに、前を向いてラオスで過ごしていきたいなと思います。

 

**明日14日はモロッコの方による記事が続きます。モロッコ、いってみたいなあ〜!楽しみです。

祈り(アッタプー県ダム決壊について)

南東部のアッタプー県にてダム決壊による洪水で多くの人が自分たちの街を根こそぎ奪われました。

まだ情報が錯綜しており、被害状況も明確な情報がわかりません。

 

こんな時協力隊は無力です。

その国にいて、その国の役に立ちたくて来ているはずなに、安全面の措置から被災している場所に行けない。

もし行けたとしても、自分に何ができるだろうか。

そう考えると本当に無力だなと感じる。

 

唯一できること、と思いFacebookで募金の呼びかけをした。自分も少しだけどした。

日本の人から見たら、「ラオス」と聞いても親近感が湧かない人の方が多いだろう。

でも今自分がいるところ、ちょっとでも伝わったらと思った。

そうしたら何人かの人が協力してくれたとの連絡をくれた。その一人一人の気持ちが、少しでも、一人でも多くの人たちが今を少しでも安心して過ごすことにつながればいいなと思う。

 

今回のダム決壊の原因はいろいろ言われているけど、そもそも現地の人たちはダム建設に反対していたという。でも政府が計画する開発のために、どんどん水力発電所を作っている。

そこに住む人々を犠牲にしてまで行う開発に、なんの意味があるのだろうか。人々が豊かになるための開発じゃないのか。

任地ボリカムサイ県にも、日本の企業が協力しているダムを建設しているけど、それも建設の際水没する村の人たちには移転してもらっている。

私も発電所の仕事をしていた。正直そこに住む人たちのことって、最初は見えなかった。その国が豊かになると、そう信じてた。発電所のプロジェクトは1つ遂行できると、とても大きな成果として掲げられる。その国にとっても、援助・協力する国にとっても派手な成果になる。そこにはすごい金額のお金が投入される。

ラオスの場合多くは輸出電力として使われる。ラオスの人の役に立つのは一部だ。

それで国として外貨が多く入っても、本当の意味で豊かになれるのだろうか。

いろんな立場で考えてみるけど、なかなか答えが出せないでいる。

 

まだ見つかっていない人がたくさんいる。家族の元へ、早く帰れますように。

 

そしてこれから被害に遭った方たちが安心して暮らせるようになるには、まだ時間がたくさんかかる。その段階の方がもしかしたら何か役に立てることがあるかもしれない。

何か自分にできることを見つけて。

家族や友人との時間を、何よりも大切にしているラオスの人たちの暮らしが、戻りますように。少しでも多くの人の心が早く癒えますように。

祈ることは何にもならないかもしれないけど、でもその祈りが、思いになり、行動につながる。

だから祈り続ける。

 

ラオスへの支援はこちらからすることができます。

ラオスで一番大きな銀行(BCEL)のOne heartというプロジェクトで、クレジットカードの引き落としで寄付ができます。

10,000kipなら130円程度です。どうか少しでも、少額でも苦しんでいる人の力になっていただけたらと思います。

 

IMG_5320.JPG

 

 

IMG_5322.JPG

 

Lao New Year Party (Bolikhamxay)

少し時は戻って、4/11は職場でのピーマイ(ラオス正月)のお祝いがありました。

ラオスは4月中旬がお正月。タイ、カンボジア、ミャンマーも同じ時期です。今年は14〜16日です。ラオスは仏暦で年号を数えます。お釈迦様が没した年を紀元とし、この4月からは仏暦2561年。

Continue reading

風の香り

日本は入学式のころかな。

ラオスはそんなこと微塵も感じさせないほど暑くて、でもたまに雨が降る。

今の日本は、ピンクと水色のイメージ。桜と、晴れた綺麗な青い空。

今のラオスは、オレンジと白と薄い黄色。オレンジは太陽、白と黄色は今満開のラオスの花、プルメリアの色。

Continue reading

今日は私たちが。

先週3月8日はInternational Women’s Dayで、ラオスは祝日でした。

1904年の同日にニューヨークで女性参政権を要求するデモが起きたことから始まったのだとか。

協力隊同期の様子を見てると、アジアやアフリカも同じく祝日にしているところが多いみたい。

Continue reading